FC2ブログ
新宿区くろさか歯科クリニック西落合 インプラント・入れ歯治療・審美歯科・ホワイトニングはおまかせ下さい
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.18
先月3月末で、歯科医師として働き始めてから、10年になりました。
最初の年、実際に免許が下りたのは、5月半ばだったけれど、4月1日から、大学の医局に入って見習いの
見習いを始めていたので、ちょうど、先月3月で丸10年です。

私は、区切りとか、周年とか、すごく好きだったりします。だから、新学期が始まる4月も好きです。
そして、11年目が始まる今年の4月は、特別な感じです。

3月の中旬に、「ドクターズファイル」というサイトの取材を受けました。
もちろん、歯医者としての取材なんて初めてです。

歯医者になってからの10年間は、診療以外のところで、結構、山あり谷ありだったような気もします。
でも、10年でひと区切りついて、こうして取材されたものを見返すと、「すごくよかったのかもしれない」
と思います。単純。
少なくとも、無駄な経験はひとつもなかった、ということは、はっきり言えます。
この10年があったからこそ、次の10年があります。
これほど、紆余曲折があり、その上で、結果的に意味のあった10年も、これから先、ないような気がします。

ライターの方に話して、歯科医師としての思いとか、こんなに拾ってもらえることもあまりないと思いました。
話すことで、初心を確認したり、自分の気持ちが整理できていく感じがしました。
10年目の区切りに、歯科医師としての思いの、棚卸しができました。
こういう風に、棚卸しができることは、とても幸せなことだと思いました。

でも、どうして、うちなんかに取材に来られたのでしょう…。おもしろい体験だったけど。

あとどうでもいい話ですが、ゲラ?を最初に送ってもらった時、ひとつの写真を指して、
スタッフのひとりに、
「ねえ、この写真って、太って見えない?」と訊いたら、
「いつもの先生ですけど(キッパリ!)」との返事でした。
いいかげん、痩せようと思いました。


ドクターズファイル220

新宿 ドクターズファイル
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。